×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぐるっと関西おひるまえ (公開生放送) 
←スタジオ内、こんな感じ。
せまいから、みんなが顔見渡せてよかった(^^)


ここだけの話、うちのアンチ竜の娘、しっかり拍手するわ、デマチ率先して行くわ。どうなってるの?(笑)
時間がくるまで並んでいると、おじさんが後ろで「今日は人が多いな〜出る人によって違うな〜」とつぶやいておりました。当たり前やん、藤原サマやぞ。めでたく入場、もちろん立ち見。
といってもほんとに小さいスタジオなので立ってるほうがタチン拝める感じでよかったかもです。そうしてると、一緒にくっついてきた娘が「前に行き!」と私を押して特等立見席へ(泣)。
亀ちゃん入場〜、ここで前説のごとく皆に話し掛ける。人の多さにやはりびっくりしてた。「いつもゲストはラスト20分で登場していただくのですが、今日は最初から最後までずっと居ていただきます。」スタジオどよめきと拍手の渦。(笑)
MC3人が揃い番組がスタート。タッチン、私達が入った入り口から何気に登場〜通路で握手攻め。加わりたかったが、恥じらいが先に立つ・・・(爆)
。いつもながらサービス精神旺盛で、笑顔と握手でなかなか先に歩かない。目と鼻の先に久々の生竜。でも、なんか妙に冷静だ。おかしい!私も大人になったなぁ。。。

関西ローカルの話題が続き、延々と各局のアナウンサーが時事ネタを喋る中、タッチン所在なさげで、マジメな顔をしたり、ボリボリやったり・・・うちらも時事ネタなんぞ聞いとりません。タッチンを上から下まで観察ちぅ・・・(笑)

いざ、新選組話へ。
あちこちで聞いたような話が続きます。亀ちゃんが池田屋では総司だけ無防備な格好で切られたらどうするねん、みたいなことを言うと「そうなんですよね〜沖田は天才剣士だから何も着けてないんですよね。」と。亀ちゃんの口から〃美しい人〃とか、〃藤原サマ〃というフレーズが出てきて、なかなかにファン心理をわかっておられる。つか、亀ちゃん、藤原サマファン?(笑)
玩具の刀が用意されていてタッチンと亀ちゃんの立ち回りが!事前に聞かされていなかったらしいが、「1、2、バサッで・・・で、喀血して・・・」と殺陣指導(笑)。何が可笑しかったかと言うと、タッチンが面白いこと言うたびにカメラさんが笑いながらレンズを覗いてるのよねぇ。なんか、ほのぼのしてる。

最後は大阪城周辺のイベント(?)でのお土産をタッチンが食すんだけど、豊臣秀吉に献上したという金箔まみれの特大梅干の復刻版(1粒4千円也)に興味をひかれたご様子で、お箸で割ってパクン「あ、梅干の味です!」おいおい、カメラさん後肩が揺れてるよ〜(笑)
あと、金魚すくいを真剣にやってました。つか、君、もう放送終わってるんだけど・・・
局アナさん、しびれ切らして「藤原さん、この後もお忙しいので」(爆)。いいじゃん、暫く遊ばせてやってくれーーーーヽ(`⌒´)ノ 

―――――――ということで、全編終了。曖昧な記述がありましたらご勘弁ください。

最後にデマチしてると私におばさんが「誰待ってはるん?」 「藤原竜也さんです。」と私。もうひとりのお友達に「沖田総司待ってはるねんて〜えらい人気やわ、すごい人やもんなぁ」と。藤原=沖田総司。新選組のおかげでオバサマ層にも更に知名度を上げていくタッチンなのでした。
関西のキー局6局(?)をむすんで作っている関西ローカルな番組です。亀山房江さんという吉本出身の超楽しいタレントさんと局アナさん2人が絶妙なコンビネーションで織り成す当に関西のり系お茶の間番組。(実ははじめて見ました 笑)
NHK大阪の1F、BKプラザスタジオで出入り自由な公開放送。(すごいアバウトなとこが大阪らしい。)
すごく小さなスタジオなので、私まで入れるかどうか疑問でしたが、なんとか押し込んでもらいました。

←出遅れたか!もうこんなに人が並んでるよ!(早い人は朝5時から並んでいたらしい。)
2004/7/23 NHK大阪 BKプラザスタジオ byHAL